• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

禍福糾纆の解説 - 学研 四字熟語辞典

災いと幸せは、より合わせた縄のように互い違いにやって来て、変転がきわまりないということ。
注記
「糾纆」は、より合わせた縄。「禍福は糾あざなえる纆なわのごとし」と読み下す。
出典
『漢書かんじょ』賈誼かぎ
類語
禍福倚伏かふくいふく 塞翁失馬さいおうしつば