福地桜痴の解説 - 小学館 大辞泉

[1841~1906]政治評論家・劇作家・小説家。長崎の生まれ。本名、源一郎。「東京日日新聞」主筆・社長として言論界で活躍。また、演劇改良に尽力。歌舞伎座を創設した。戯曲「春日局 (かすがのつぼね) 」など。

出典:青空文庫

[社会/社会関係の人物]カテゴリの言葉

[社会/マスコミ・メディア]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉