• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

桜庭一樹の長編小説。父と娘の過去を、時代を遡りながら描く。平成19年(2007)刊行。同年、第138回直木賞受賞。