• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《払子 (ほっす) を手にとる意。「ひんぽつ」とも》禅宗で、住持が払子をとり、法座に上って説法すること。また、住持に代わってその資格のある首座 (しゅそ) が説法すること。