• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

レプトスピラ病の一。症状はやや軽く、8~10月に流行する。病原体が野ネズミに媒介されるため、地方的に流行することが多く、秋疫 (あきやみ) ・作州熱・七日疫などの俗称がある。