• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

長唄。弘化2年(1845)初演。大名の南部利済 (なんぶとしなり) が、作曲者を困らせようとして作った歌詞に、10世杵屋六左衛門が曲をつけたものという。