• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

秋風索莫の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

秋風が吹き、物さびしいさま。盛んであった物事の勢いが衰えて、物さびしいたとえとしても用いられる。▽「索莫」は物さびしいさま。また、失意のさま。「莫」は「寞」「漠」とも書く。
句例
秋風索莫として、活気を失った株式市場、秋風索莫たる心地
類語
秋風寂莫しゅうふうせきばく 秋風落莫しゅうふうらくばく
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

秋風索莫の解説 - 学研 四字辞典熟語

夏の盛りが過ぎて秋の風が吹くころになり、ものさびしいこと。勢いが衰えて活気を失ったさま。
注記
「索莫」は、ものさびしく気分がめいるさま。また、失意のさま。
表記
「索莫」は、「索漠」「索寞」とも書く。

[自然や季節を表す/季節を感じる/秋]カテゴリの四字熟語

キーワード[栄枯盛衰]の四字熟語

キーワード[ものさびしい]の四字熟語