• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

昔、良家の妻女の身近にいて、その過失のとがを身代わりに負った比丘尼。屁負 (へお) い比丘尼。