• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

データを暗号化したままの状態で行う計算。秘匿性の高いデータを扱う分析などで用いられる。データを断片化し、単体では無意味なものとして計算を行う秘密分散法、複数のサーバーに分割して計算を行うマルチパーティー計算などの手法が知られる。秘匿計算。