• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

富山県東部、中新川 (にいかわ) 郡立山町を流れる称名川にある滝。弥陀ヶ原の台地をV字状に浸食し、約350メートル落下する。その規模は日本一といわれる。滝は4段に分かれ、最も下の滝は高さ約126メートルに達する。国の名勝・天然記念物に指定されている。

[地理/日本地名/中部]カテゴリの言葉