• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 夜の明けるころ。

    1. 「夜の―出でつつ来 (く) らく度まねくなれば我 (あ) が胸切り焼くごとし」〈・七五五〉

  1. ほど。頃。

    1. 「夜の―に参りて、ただにやは」〈宇津保・蔵開下〉