《「乳子 (ちご) 」の意》

  1. ちのみご。赤ん坊。

    1. 「―を背に負った親子三人連 (づれ) の」〈花袋田舎教師

  1. 幼い子。幼児。

    1. 「其の時某 (それがし) は尚 (なお) 八歳の―にして」〈竜渓経国美談

  1. 祭礼や寺院の法楽などの行列に、美しく装って練り歩く児童。「―行列」

  1. 寺院や、公家 (くげ) ・武家で召し使われた少年。男色の対象となることもあった。

    1. 「是も今は昔、比叡の山に―ありけり」〈宇治拾遺・一〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫