• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 物の角 (かど) 。りょう。

    1. 「石の―の、折敷の広さにてさし出でたるかたそばに」〈宇治拾遺・六〉

  1. 袴 (はかま) のももだち

    1. 「ねりばかまの―高くはさみ、神璽をわきにはさみ」〈平家・一一〉

  1. ブナの古名。

    1. 「奥山の秋の深さを来て見れば―もまさきも紅葉しにけり」〈経信集〉

[生物/植物名]カテゴリの言葉