• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

信楽 (しがらき) 伊賀丹波備前などの古窯で焼かれた陶製の壺。もと農民が種子の貯蔵に用いたといわれ、古来茶人が水指 (みずさし) ・花入れ・茶壺に転用。無釉 (むゆう) の炻器 (せっき) 質で、赤褐色のものが多い。