• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]
  1. 稲のわらで編んだむしろ。

    1. 「秋の田のかりねの床の―月宿れどもしける露かな」〈新古今・秋上〉

  1. 稲が実って倒れ伏したようす。また、そのように乱れたもののたとえ。

    1. 「夕露の玉しく小田の―かぶす穂末に月ぞすみける」〈山家集・上〉

[枕]「川」にかかる。かかり方未詳。一説に「寝筵 (いねむしろ) 」の意とされ、古代はそれを皮で作ったので同音の「川」にかかるともいう。
    1. 「―川に向き立ち」〈・一五二〇〉