• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古歌に詠まれた秋の鳥。稲刈り時に飛来するという。呼子鳥 (よぶこどり) 百千鳥 (ももちどり) とともに古今伝授三鳥の一。セキレイトキスズメバンクイナなどとする諸説があるが、実体は不明。

「山田守 (も) る秋の仮廬 (かりいほ) に置く露は―の涙なりけり」〈古今・秋下〉