稲麻竹葦 (ちくい) 」に同じ。

「馬回りに徒 (かち) 立ちの射手五百人、…―の如く打ち囲うだり」〈太平記・二六〉