• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

いね。多く、他の語の下に付いて複合語の形で用いる。「荒稲」

「み―搗 (つ) く女 (をみな) の佳さ」〈神楽・細波〉