• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中国、戦国時代、斉 (せい) に興った諸子の学。斉の都臨淄 (りんし) に集まった思想家・弁士などによって、それまで行われていたさまざまな諸思想が総合され、多くの独自な思想グループを形成していった。稷下とは、臨淄の稷門のあたりの意。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉