• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

浄瑠璃を稽古すること。また、素人が修業中に語る未熟な浄瑠璃。

「竹の柱に節込めし―、太平記」〈浄・生玉心中