• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

安楽死の一つ。本人の自発的な意思により、致死量の薬物の投与を受けるなどして、病苦などを避けて死に至ること。日本では、処置を行った医師らは殺人罪の対象となりうるが、1)耐え難い苦痛がある、2)死期が迫っている、3)他に苦痛を和らげる方法がない、4)本人の明確な意思表示がある、などの要件を満たす場合に限り、許容されるとした判例がある。→消極的安楽死