[形動][文][ナリ]《形容動詞「おだ(穏)い」から派生した「おだいか」の音変化》
  1. 静かでのどかなさま。安らか。「―な天気」「世の中が―だ」

  1. 気持ちが落ち着いていて物静かなさま。「―な人柄」「―に話し合う」「心中―でない」

  1. 極端でなく、人に受け入れられやすいさま。穏当。「新制度へ―に移行する」「こう言っては―でないかもしれないが」

[派生]おだやかさ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース