• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

心が乱れて落ち着かないさま、足もともおぼつかないさまのたとえ。

「冠などの落ち行くも知らず、―・む心地して」〈増鏡・月草の花〉