• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

望遠鏡を搭載し、成層圏を飛行して天体観測をする航空機。大気の影響が小さい条件で観測が可能。1970年代から1990年代にかけて、NASA(米航空宇宙局)がカイパー空中天文台を運用。2010年より後継機として米国・ドイツが共同開発した遠赤外線天文学成層圏天文台SOFIA (ソフィア) が運用されている。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉