• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

空中楼閣の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

蜃気楼しんきろうのこと。転じて、根拠のないことがら。また、実際からかけ離れた空想的な物事。もとは、空中に現れた高殿の意。また、空中に築いた高殿の意。▽「楼閣」は高殿・高い建物。
出典
『間情偶寄かんじょうぐうき』結構けっこう
句例
空中楼閣に過ぎない
用例
だがしかし、諦あきらめきれぬ人間が、次から次と積み上げた空中楼閣の、何と壮大なことだろう。<尾崎一雄・虫のいろいろ>
類語
海市蜃楼かいししんろう 空中楼台くうちゅうろうだい 空理空論くうりくうろん 砂上楼閣さじょうのろうかく

空中楼閣の解説 - 学研 四字辞典熟語

①根拠のない物事のこと。②実現できないような架空の物事のこと。③蜃気楼しんきろうのこと。
注記
「楼閣」は、高い建物。空中につくった高い建物の意から。
出典
『間情偶寄かんじょうぐうき』結構けっこう
用例
洋上に浮き観測所の設置ということもあながち学究の描き出した空中楼閣だとばかりは言われないであろう。〈寺田寅彦・天災と国防〉
類語
海市蜃楼かいししんろう 砂上楼閣さじょうのろうかく

空中楼閣の解説 - 小学館 大辞泉

《「桃花扇」入道から》

  1. 空中に楼閣を築くような、根拠のない架空の物事。

  1. 蜃気楼 (しんきろう) 。

キーワード[計画]の四字熟語