空也の解説 - 小学館 大辞泉

[903~972]平安中期の僧。空也念仏の祖。生地・出自など未詳。諸国を巡歴して南無阿弥陀仏の名号 (みょうごう) を唱え、教化 (きょうけ) に努めながら道・橋・寺などを造り、市 (いち) の聖 (ひじり) ・阿弥陀聖 (あみだひじり) とよばれた。京都に西光寺(のちの六波羅蜜寺)を建立。光勝 (こうしょう) 。こうや。→空也忌

出典:青空文庫