• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

見もしないのに、見たように作り上げて人に話す夢。また、正夢 (まさゆめ) と違って、現実には夢で見たようにならなかった夢。

「そは必ずしも漠然たる―ではなかったろう」〈柳田・山の人生〉