1. (空手)手に何も持っていないこと。また、力となる武器や財産を持っていないこと。素手 (すで) 。「土産もなく―で訪問する」「―で立ち向かう」

  1. 沖縄に伝来した中国明代の拳法が、沖縄の古武道と合体して発達した武術。徒手空拳で身を守り、相手を制する格闘術で、突き・蹴り・受けを基本とする。空手道。

[補説]2は、2020年の東京オリンピックから新競技として採用。「形 (かた) 」と「組手 (くみて) 」の2種目がある。→8組手3

出典:青空文庫

出典:gooニュース