• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名](スル)
  1. 野球やテニスで、振ったバットやラケットが球に当たらないこと。「―の三振」「強打者を―させる」

  1. 棒やこぶしなどでたたこうとして、相手に当たらないこと。「右のパンチを―する」

  1. ある目的をもってとった行動が、当てが外れて失敗すること。「計画が―に終わる」

[補説]俗に、「空振る」「空振った」などと動詞化して使われることがある。

出典:gooニュース