1. ほらあな。洞穴。また、内部がうつろになっていること。また、その部分。「幹が―になった老木」

  1. 形式だけで内容のないことのたとえ。「法案の―化をはかる」

  1. 肺・腎臓などの内部に壊死 (えし) が起こり、それが排出または吸収されたあとにできる空間。肺結核のときにできるものなど。

出典:青空文庫