• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 深山の緑の樹林の間に立ちこめる、みずみずしい山気。

    1. 「―凝って葉末より滴 (したた) る露の冷やかに」〈露伴・二日物語〉

  1. 空に向かってそびえ立つ樹木の緑。