1. 前もってたくか別室でたくかして、どこからともなくにおってくるように香をたきくゆらすこと。

    1. 「簾内より―の香、馥 (かうば) しく匂ひ出でぬ」〈今昔・二四・六〉

  1. どこからともなくにおってくるよいにおい。

    1. 「にほひくる花橘の―はまがふ蛍の火をやとるらん」〈夫木・七〉

[補説]書名別項。→空薫