• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

空谷跫音の解説 - 学研 四字熟語辞典

孤独な暮らしをしているとき、思いがけず知人が訪れたり、珍しい便りをもらうなどの喜びのたとえ。
注記
「空谷」は、人けがないさびしい谷間のこと。「跫音」は、人の足音。人けのない谷間で思いがけず人の足音を聞くという意から。「跫音空谷きょうおんくうこく」ともいう。
出典
『荘子そうじ』徐無鬼じょむき
用例
そうしてる間にかねがね愛読しているA新聞に歌壇の設けられたので空谷の跫音と思った。〈石川啄木・歌のいろいろ〉

キーワード[客]の四字熟語

キーワード[手紙・便り]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。