• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 海岸に打ち寄せられた、からになった貝。貝殻。和歌では「実なし」「むなし」「あはず」や同音の反復で「うつし心」などを導く序詞に用いられる。

    1. 「上には白銀 (しろがね) 、黄金 (こがね) の蛤 (はまぐり) 、―などを」〈堤・貝合

    2. 「―うつし心も失せはてて」〈千載・雑下〉
  1. ツメタガイウズラガイの別名。