• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 実際には鳴っていないのに聞こえるような気がする音。また、鳴らそうとしないのに、たまたま鳴ってしまう楽器の音。

    1. 「風が吹きつけたり、小僧の手が障ったりして、―を出す事があります」〈漱石吾輩は猫である

  1. いつわりの言葉。うそ。「空音を吐く」

  1. 鳥などの鳴き声をまねて出す声。なきまね。

    1. 「夜をこめて鳥の―ははかるとも世に逢坂の関は許さじ」〈・一三六〉