• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

物事の本質や人情の機微をとらえようと執着するあまり、逆に真実からかけ離れてしまうこと。