1. 突き出ていること。また、そのもの。でっぱり。

    1. 「川へ―をつくった安値 (あんちょく) な西洋料理屋」〈志賀暗夜行路

  1. 料理屋などで、酒のさかなとして最初に出す、ちょっとした料理。お通し。

  1. 相撲のきまり手の一。手のひらで相手の肩や胸を突き当てて突っ張り、土俵外へ出す技。

  1. 江戸時代の遊里で、遊女が初めて客をとること。また、その遊女。突き出し女郎。