• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

自然界において窒素が巡っている現象。大気中の分子状の窒素が根粒菌・アゾトバクターなどにより硝酸アンモニアとして固定され、これらが緑色植物に吸収されてたんぱく質や核酸の成分となり、動物に摂取されたのち尿あるいは遺体が分解されて再び窒素として大気中に遊離し、これを繰り返すこと。