[動タ五(四)]
  1. ある場所にまっすぐ縦になっている。

    1. ㋐足を伸ばしてからだを縦に支える。「通路に―・つ」

    2. ㋑草や木が地に生える。「街路樹が―・つ」

    3. ㋒長いものや高大なものが直立して位置する。「看板が―・つ」「電柱が―・つ」

    4. ㋓とがったものが突き刺さる。「とげが―・つ」「歯が―・たない」

    5. ㋔突き出た形のものが生じる。「霜柱が―・つ」

  1. 座ったり横になったりしていたものが起き上がる。また、低い位置から高く上る。

    1. ㋐身を起こす。立ち上がる。「呼ばれたら―・ちなさい」

    2. ㋑伏せていたものが起きる。「髪の毛が―・つ」「鳥肌が―・つ」

    3. ㋒《「勃つ」と当てて書くこともある》(興奮により)陰茎や乳首などが固く大きくなる。

[補説]本来「」は、物事が急に起こる意。

㋓煙や蒸気などが空中に上がり漂う。「土ぼこりが―・つ」

㋔鳥や虫などが飛び上がる。

「(昆虫ガ)ブンと鼻先へ―・って来たのを」〈風葉青春

  1. 身を起こしてその場を離れる。「席を―・つ」「手洗いに―・つ」

  1. (「起つ」とも書く)決意して事を起こす。奮起する。「反対運動に―・つ」

  1. 戸や障子が閉じる。「雨戸が―・っている家」

  1. 自然界の現象・作用が目立って現れる。

    1. ㋐雲・月などが空高くかかる。「虹が―・つ」「霞が―・つ」

    2. ㋑風・波などが起こる。「涼風が―・つ」「土用波が―・つ」

    1. ㋐ある立場や状況に置かれる。「先頭に―・つ」「苦境に―・つ」

    2. ㋑重要な役目・地位につく。「教壇に―・つ」「証人に―・つ」「衆議院議員候補に―・つ」

    3. ㋒高位につく。「東宮に―・つ」

    4. ㋓目的をもってある場所に身を置く。「署名を求めて街頭に―・つ」

  1. 度合いが強くなって明らかになる。

    1. ㋐はっきり耳目に認められる。「声が―・つ」「目に―・つ」

    2. ㋑世に知れ渡る。「うわさが―・つ」「人気が―・つ」

    3. ㋒はっきり示される。「あかしが―・つ」「値が―・つ」

  1. 新しい季節が始まる。「秋―・つころのものがなしさ」

  1. 10 事物が新たに設けられる。

    1. ㋐催しなどの場が開かれる。「市 (いち) が―・つ」

    2. ㋑理論などが新しくつくり示される。「新説が―・つ」

    3. ㋒目標などが定まる。「予定が―・つ」「見通しが―・たない」

    4. ㋓割り算で商が成り立つ。「六を二で割ると三が―・つ」

  1. 11

    1. ㋐盛んに気泡が生じる。「泡が―・つ」

    2. ㋑湯などが沸く。「風呂が―・つ」

  1. 12 感情が激する。たかぶる。「腹が―・つ」「気が―・つ」

  1. 13 技能などがいちだんとすぐれる。「弁が―・つ」「腕の―・つ職人」

  1. 14 物事が好ましい形で成り立ったり維持されたりする。

    1. ㋐目的にかなって使用価値がある。「役に―・つ」

    2. ㋑損なわれないで保たれる。「面目が―・つ」「暮らしが―・つ」

    3. ㋒筋道がきちんと通る。また、しっかりと成立する。「道理が―・つ」「義理が―・つ」「言い訳が―・たない」

    4. ㋓認められて世間を渡る。「小説家として―・つ」

  1. 15 乗り物などがとどまって、ある場所を占める。

    1. 「雲林院、知足院などのもとに―・てる車ども」〈・二二二〉

  1. 16 動詞の連用形のあとに付いて複合語をつくる。

    1. ㋐その状態が盛んであることを表す。「はやり―・つ選手」「湯が煮え―・つ」

    2. ㋑その動作がにわかであることを表す。「思い―・ったが吉日」

[可能]たてる
[動タ下二]た(立)てる」の文語形。

出典:gooニュース

出典:青空文庫