• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 物を立てる所。たてどころ。

    1. 「刀の―もおぼえずして涙を流しければ」〈平治・中〉

  1. 筆の置きどころ。筆づかい。

    1. 「そぞろに筆の―も覚え参らせず」〈仮・恨の介・下〉