• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動ラ五(四)]

  1. 間に物を立てて仕切りをする。しきる。「ふすまで大広間を―・る」

  1. 戸・障子などをすっかり閉ざす。しめきる。「障子を―・った部屋」

  1. 考えや態度を最後まで押し通す。立て通す。

    1. 「大方お前が聞ちがえと―・りて」〈一葉大つごもり

  1. そのことにかかりきる。

    1. 「内外の取片付けやら振舞いの用意に―・ってる際に」〈左千夫・告げびと〉