1. 立てかけておくこと。

  1. 江戸時代に流行した男の髪形の一。髻 (もとどり) を大きくとって、髷 (まげ) を後頭部に立てかけるように結ったもの。宝永(1704~1711)ごろに浄瑠璃語りの江戸半太夫が結いはじめたものという。

出典:青空文庫