[動ラ五(四)]《「たちとまる」とも》
  1. 歩くのをやめてその場に立つ。歩みを止める。「呼ばれて―・る」

  1. 他へ移らないで、そのままそこにとどまる。

    1. 「思ひのままならむ人は今までも―・るべくやはある」〈・真木柱〉

  1. 宿泊する。特に、妻や愛人の所に泊まる。

    1. 「かやうに―・り給ふ折々あれば」〈・薄雲〉

出典:青空文庫