• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

連声 (れんじょう) で「りゅうげさんね」とも》釈迦入滅後56億7000万年ののち、弥勒菩薩がこの世に出て、竜華樹の下で悟りを開き、人々を救済するために説法するという3回にわたる法座。竜華会。弥勒三会。