• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

竜驤虎視の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

竜やとらのように意気が盛んで、権力をもち世の中を威圧すること。▽「驤」は躍り上がること。「虎視」はとらが鋭い目つきで獲物をにらむこと。「竜」は「りょう」とも読む。
出典
『蜀志しょくし』諸葛亮伝しょかつりょうでん。「亮の素志そし、進みて竜驤虎視し、四海を苞括ほうかつせんと欲す」
句例
竜驤虎視するワンマン宰相
類語
竜驤虎歩りゅうじょうこほ 竜驤虎躍りゅうじょうこやく
活用形
〈―スル〉

竜驤虎視の解説 - 学研 四字熟語辞典

威勢のある者が世を睥睨へいげいして威圧するさま。竜が勢いよく天に駆け上り、虎が眼光鋭くにらみつける意。
注記
「りょうじょうこし」とも読む。「驤」は、躍りあがる。
出典
『蜀志しょくし』諸葛亮しょかつりょう

竜驤虎視の解説 - 小学館 大辞泉

《「蜀志」諸葛亮伝から。竜が天にのぼり、虎がにらみ視 (み) る意》威勢が盛んで天下を睥睨 (へいげい) するさまをいう。

⇒りゅうじょうこし(竜驤虎視)

キーワード[勢い]の四字熟語

キーワード[権力]の四字熟語

やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。