1. 子供が口ずさむ歌。また、子供が作った詩歌。

  1. 民間に伝承されてきたわらべ歌。

  1. 大正期以降、子供のために作られた歌。代表的な作詞家に北原白秋野口雨情ら、作曲家に山田耕筰中山晋平らがいる。創作童謡。

[文学/明治以降の文学]カテゴリの言葉

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉

出典:青空文庫