上代歌謡の一種。社会的、政治的な風刺や予言を裏に含んだ、作者不明のはやり歌。神が人、特に子供の口を借りて歌わせるものと考えられていた。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫