• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「りつ」は「竪」を習慣的に読んだもの》仏語。

  1. 法会の竪義 (りゅうぎ) のとき、義を立てて質問に答える僧。

  1. 因明 (いんみょう) で、義を立てる主張者。りゅうしゃ。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉