1. 木などの端を切り落としたもの。切れ端。「木の端くれ」

  1. 取るに足らない存在ではあるが、一応その類に属している者。多く、謙遜しながら自分を表すときに用いる。「芸術家の端くれ」

出典:青空文庫