1. (端唄)三味線音楽の一種。江戸後期から幕末にかけて江戸で流行した、三味線伴奏の小編歌曲。うた沢小唄の母体。「春雨」「梅にも春」など。江戸端唄。

  1. (端歌)地歌の一種。歌物のうち組歌長歌以外のもの。自由で変化のある曲風が特徴で、比較的短いものが多い。「」「黒髪」など。端歌物。

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉

出典:青空文庫